30代におすすめなメイクはどんな方法なのでしょうか?

30代のメイクの基本は「いかにナチュラル感を出すことができるか」にあります。肌の老化が進んでいく時期でもあり20代の頃と同じメイクでは肌に負担がかかってしまう部分もありますし、あまり派手なメイクをしてしまうと若さにすがりついているような印象ももたれてしまいます。大人っぽく、それでいて自然な感じを印象付けられるようなナチュラルなメイクが求められます。

30代のメイクは化粧下地を使って厚塗りにならないようにすること

美白化粧品の選び方

そんな30代のメイクでは厚塗りを避けることが大前提です。

 

とくにシワやシミなどのトラブルを抱えているとどうしても何とかカバーしようと厚塗りになってしまいますから、それをグッと抑えて薄付けを心がけたメイクを行っていきます。

 

その際には化粧下地をぜひとも有効に利用しましょう。

 

ファンデーションを使用する前に化粧下地を使っていたかどうかでずいぶんと仕上がりに差がでてきます。より少ないファンデの量でしっかりカバーできるようになりますから、30代になった化粧下地を必ず使用するようにしましょう。顔全体に満遍なく塗ってファンでの塗りムラができないようにするのもポイントです。

 

ファンデーションに関しては少ない量でいかにうまくカバーできるかが最大の鍵となるわけですが、カバー力ばかりを意識してしまうと肌に負担をかけてしまう恐れがあります。

 

たとえばリキッドファンデーションはカバー力ではもっとも優れた選択肢ですが密着性が強いため落とす際のクレンジングの負担が大きくなります。使用する場合にはシワやシミなど気になるトラブル部分を中心に最小限の範囲にとどめるようにしましょう。

 

なおTゾーンのように皮脂の分泌量が多い部分にファンデーションを塗りすぎると崩れを起こしてしまうのでとくに薄めを意識することが大事です。

肌トラブルが気になるところはコンシーラーでカバーする

美白化粧品の選び方

リキッドファンデを使用しない部分はパウダーファンデを使いましょう。厚塗りになりやすいので注意しながら肌によくなじませていきます。首と顔の境目をうまくぼかしながら塗っていくのが基本です。

 

そして塗り終わったらブラシで余分なパウダーを除去しましょう。これだけでも厚塗りを避けてナチュラルな感覚を出すことができます。

 

これでも少しトラブルが気になる場合にはコンシーラーを使ってカバーするとよいでしょう。

 

もちろんこれはあくまで基本的な例のひとつであって、どんなトラブルを抱えているのか、顔色とファンデの色との相性はどうなのか、などひとりひとりの事情に合わせてうまく工夫していかなければならない部分もあります。試行錯誤を繰り返しつつ30代の自分にピッタリなメイク方法を見出していきましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!