30代からは高い化粧品を使うべき?30代の化粧品選びのポイントとは?

30代の化粧品選びは抱えているトラブルに対して役立つものを・・

美白化粧品の選び方

30代の化粧品選びのポイントはまず年齢にあったものを選ぶことです。とくに30代に入ったばかりの頃はまだ老化を実感する機会は少なく、意識の面でも「まだ若い」と20代の頃と変わらないスキンケアを行ってしまいがちです。

 

しかしそれが老化がじわじわと進んでいく肌に負担をかけてしまいさまざまなトラブルの原因となってしまうことが多いのです。

 

ですからまず自分の肌がどのような状況なのか、細かくチェックしたうえで最適な化粧品を選ぶようにしましょう。

 

通常30代には2回お肌の曲がり角が訪れるといわれています。老化がはじまる30代前半とその老化が本格的に進行していく30代半ば過ぎです。

 

もっとも肌環境が大きく変化する年代でもあるだけに、同じ製品をずっと長く使い続けるのではなく、肌の変化に合わせてその都度見直すことが大事になってきます。一度ピッタリの製品が見つかったからといってしばらくは大丈夫、と油断しないようにしましょう。

 

抱えているトラブルに対して役立つ化粧品を選ぶことも重要です。

 

30代は老化がもたらす肌トラブルがあらわれやすい年代ですが、実際にどんなトラブルが現れるのかには個人差があります。シワが目立つようになる人もいればシミの悩みを抱える人もいるわけで、自分の肌にどんなトラブルが進行しているのかをしっかり把握したうえでその予防・改善に役立つ化粧品を選びます。シワの悩みを抱えている肌に美白化粧品を使用しても十分な効果は期待できないというわけです。

必ずしもすべての人に値段に見合う働きをもたらすとは限らない

美白化粧品の選び方

肌トラブルを抱えやすくなる年代、となると20代の頃に比べて高価な化粧品を使ったほうがよいのだろうか?という考えも浮かぶものです。20代までに比べて入念なケアが必要になることを考えれば確かに高価な化粧品の方が適していると考えてもおかしくはないのですが、この点に関しては一概にそうとはいえない部分もあります

 

もともと高価な化粧品というのは最新の研究によって開発された成分や処方が導入されていることが多く、開発コストを回収するために価格が高くなっているのが一般的です。

 

ただその最新の成分・処方が必ずしもすべての人に値段に見合う働きをもたらすとは限りません。むしろ安価な化粧品にも含まれているビタミンC誘導体やセラミド、ハトムギエキスなどの成分の方が役立つこともあるのです。

 

また30代に入ったら化粧品がもたらす肌への刺激にも注意しなければなりません。

 

高価な化粧品はたくさんの有効成分が配合されている一方、その分肌への刺激が強くなる傾向も見られます。乾燥肌・敏感肌に悩まされている方は必要な成分のみを厳選されて配合されているプチプラ化粧品の方が相性がよく効果が期待できることもあるので価格の面でもあくまで「自分に合っているかどうか」を基準に選んでいくことになります。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!