30代を過ぎると気になる笑いじわやほうれい線はどんな対策をしたらいいのでしょうか?

笑顔など表情を浮かべるとシワができます。目尻にできる笑いじわと口元にできるほうれい線が代表格でしょう。若い頃は表情を引っ込めると自然にこうしたシワもなくなるのですが、年齢を重ねると元に戻らずにそのまま刻まれてしまうことがあります。

 

こうした現象は30代の10年間に進行していくことが多く、これをいかに防ぐことができるかがエイジングケアの大きな柱となっています。

30代のしわ対策はコラーゲンとエラスチンを補う工夫を・・

美白化粧品の選び方

問題なのはどうしてもともとは表情を作ったときにできるシワが元に戻らずにそのまま刻まれるようになってしまうのか、です。その原因にはまず肌のハリと弾力の低下が考えられます。

 

とくにほうれい線のように深くくっきりと刻まれてしまうシワの場合は老化が原因で進んでいくたるみが最大の原因と考えられます。ハリが低下することで肌を支えきれず重力に負けるような形でたるんでいくとともに口元のシワがくっきりと目立つようになっていくのです。

 

これを防ぐためには抗酸化成分による老化対策はもちろん、肌を支えている真皮層のコラーゲンとエラスチンを補う工夫が欠かせません。

 

真皮層ではこの2つの成分が繊維状で網の目のように張り巡らされる形で肌を支えています。それが老化によって生成量が減少したり、紫外線のダメージによって損なわれてしまうと支えきれなくなってたるみの原因をもたらすのです。しかしスキンケアで直接補っても真皮層にまでは浸透しないため、体内での生成量を増やすことが最大のポイントです。

 

レチノール、ビタミンC誘導体、FGF、プラセンタエキスなどこの2つの成分を作っている繊維芽細胞を活性化させる働きを持つ成分を補ってみましょう。

表情筋のトレーニングなどで顔の筋肉をたるませないこと

美白化粧品の選び方

それから表情筋の衰え。表情を作るときには顔にある表情筋という筋肉が肌を動かしています。人間が非常に複雑な表情を浮かべることができるのも顔に30以上あるといわれる表情筋が複雑な動きを可能にしているからです。

 

この筋肉も30代を過ぎると老化して肌を動かし、支える力が衰えていきます。

 

この対策には表情筋トレーニングとも言われるトレーニングが有効といわれており、ネット上でもさまざまな方法が紹介されているので取り入れてみるとよいでしょう。腕立て伏せや腹筋運動のようにつらい運動が伴うわけではないので誰でも簡単にできます。

 

あと注意したいのがクセです。

 

とくにほうれい線は頬杖をつく、横向きで眠る習慣がある、口を半開きにする機会が多いという習慣でできやすくなる傾向が見られます。こうした習慣は不規則な生活習慣や不摂生とは関係ないところで無意識のうちに行っていることが多いので一度見直してみるとよいでしょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!