30代から本格的に始めたほうがいいスキンケアとはどんなことなのでしょうか?

30歳前後はお肌の曲がり角といわれています。老化がはじまる時期なので20代の頃とはまた違ったスキンケアが必要になります。また36〜37歳ころにはもう一度お肌の曲がり角が訪れるとも言われており、少しずつ進行していた老化が本格的に進んでいくようになります。

 

ですから30代の10年間は二度にわたって本格的なケアの導入を検討していく必要があるともいえるのです。

30歳に入ったら保湿成分が充実したスキンケアをすること

美白化粧品の選び方

ひと言でいえばエイジングケアということになるのですが、その内容は時期やひとりひとりの肌環境によって異なります。

 

30代に入ったばかりで重視されるのが保湿ケアです。もっとも最初に現れる老化現象は角質層に含まれている保湿成分の減少で、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの成分の生成量が減っていくのです。セラミドとコラーゲンは20代が含有量のピーク、ヒアルロン酸にいたっては赤ちゃんの頃がもっとも多いといわれており、いずれも30歳前後から減少のペースが加速していきます。

 

この段階で不足していくこれらの成分をしっかりと補っておかないと乾燥が加速し、バリア機能が低下することで活性酸素の増加による老化、メラニン色素の増加によるシミ・くすみなどさまざまな肌トラブルが起こる下地を作ってしまうことになります。

 

30代に入ったらまず保湿成分が充実したスキンケア製品への切り替えを検討してみましょう。

30代半ばはトラブルに合わせた集中的なスキンケアを・・

美白化粧品の選び方

30代半ばを過ぎてトラブルが気になり始めた場合にはそれを集中的にケアできる対策も必要になってきます。それまでは30代全体に共通したスキンケアの基本があったわけですが、トラブルが見られるようになる頃からひとりひとりが自分の肌に合わせて適切なケアを選んでいくことが求められるのです。

 

シワが気になるようになったらハリ・弾力を改善するのに役立つ製品、シミが気になる場合には美白化粧品、乾燥肌・敏感肌や肌荒れが気になる場合にはこれまで以上に保湿効果を重視した化粧品など、ひとつひとつの成分の特徴や配合されている成分を詳しくチェックしたうえで判断していくことが求められます。

 

ブランドイメージや知名度、売れ行きだけで判断せず自分なりの基準を設定したうえで選んでいきましょう。

 

効果ばかりを重視して選ぶわけにはいかなくなってくるのも30代のスキンケアの難しさです。乾燥とバリア機能が低下していくことで刺激に対して敏感になっていきますから、できるだけ肌に負担をかけない形でのケアが求められます。

 

スキンケア製品では刺激の強い成分や肌に負担をかける恐れがある添加物がなるべく使用されていないものを利用するほか、肌に塗付する際や洗顔の際にはゴシゴシと擦らない、敏感な状態になってしまったら摩擦の刺激を軽減することができるオールインワン化粧品を使用するといった工夫も取り入れたいところです。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!