シミの原因と対策-老人性色素斑-

老人性色素斑とは世間一般でいう「シミ」のことです。もっとも典型的なシミでもあり、老化の影響で生じるシミの多くがこのタイプに含まれます。「老人性」という名称が使われていますが、必ずしも老齢に達してからできるものではなく、30代以降なら誰でも発症するリスクを抱えることになるので注意が必要です。

老人性色素斑の最大の原因は紫外線

美白化粧品の選び方

老人性色素斑のおもな原因はメラニン色素の沈着です。茶褐色をしたこの色素は本来肌を保護するために生成されるものなのですが、それが排出されずに皮膚に残ってしまうとやがて沈着を起こしてシミになってしまうのです。

 

ですからこの色素が増えてしまうような肌への負担・刺激を日ごろどれだけもたらしているか、肌環境が大きく問われます

 

メラニン色素を増加させる最大の要因は紫外線です。日ごろからしっかりと紫外線対策を行っていないと増えたメラニン色素の排出が追いつかずに沈着を起こしやすくなるのです。

 

また若い頃に適切な紫外線対策を行っていないと30代を過ぎてからこのシミができやすくなるとも考えられています。ですからシミができやすい年代になってから対策を行うのではなく、若いうちから紫外線対策をしっかり心がけておくことが重要なのです。その意味ではこのシミができるようになってからではもう手遅れな部分もある怖い面もあります。

 

また現代社会では誤ったスキンケアがこのシミの原因となっているケースもあります。

 

洗顔やクレンジングの際の負担、または刺激の強い化粧水や美容液を使用した際の負担が肌環境を悪化させ、バリア機能が低下した影響で外部からの刺激に対して敏感になってしまうとメラニン色素が増加しやすくなるからです。ちょっとした刺激に対してメラニン色素が生成される環境を続けていると当然シミがどんどん増えていくことになります。

老人性色素斑はまず紫外線対策をしっかり行うこと

美白化粧品の選び方

もうひとつ、老化によるターンオーバーの乱れも大きな原因です。メラニン色素が沈着を起こす原因は生成量が増えるだけでなく排出がうまくできなくなってしまう点も大事です。ターンオーバーに乱れが生じればメラニンの排出も滞ってしまい沈着を起こしやすくなるわけです。

 

若い頃は日焼けをしてもすぐに元に戻ったのは平均28日周期といわれるターンオーバーがしっかり機能していたからで、これが年齢を重ねると次第に遅れがちになって40代になると40日以上、50代なら50日以上にまで延びてしまいます。

 

ですから対策としてはまず紫外線対策をしっかり行うこと、そのうえで自分の肌にふさわしいスキンケアを心がけつつターンオーバーを活性化させる対策を心がけましょう。睡眠環境の改善やプラセンタエキス、EGFなどの成分を補うケアも有効です。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

シミの原因と対策-肝斑-

肝斑は女性に見られる特徴的なシミです。しかもお肌の老化が気になり始める30代〜40代にかけてよく見られるため美肌対策・エイジングケアの妨げになることが多いシミでもあります。このシミはいくつかの点で非常に際立った特徴を持っており、老人性色素斑や炎症性色素沈着といった一般的によく見られるシミとの違いをよく把握したうえでの対策が求められます。

肝斑の原因は現時点でホルモンバランスの乱れが最有力

美白化粧品の選び方

このシミの大きな特徴は左右対称にできること、輪郭がはっきりしないぼやけたような形でできることです。

 

そのため見た目の段階で他のシミとの見極めをできるかどうかが早めに対策を行っていけるかどうかのポイントともなります。とくに頬の下に左右対称にシミができた場合には肝斑の疑いを持つべきでしょう。

 

肝斑の原因はまだはっきりとした解明されておらず、現時点ではホルモンバランスの乱れが最有力とされています。30代〜40代は老化の影響もあってホルモンバランスが乱れやすい時期でもあり、その影響でメラニン色素が増加してできると考えられているのです。

 

そのため生活習慣のさまざまな要因でホルモンバランスに乱れが生じると起こることもあります。睡眠不足やストレスの蓄積はもちろん、ピルを長期間服用した場合、妊娠中、さらに更年期にも発症したり増えることがあるのです。

 

しかもホルモンバランスが乱れているときにできてしまったかと思ったらバランスが正常に戻るといつのまに消えていた、なんてことも。掴みどころがない部分もあるのです。

ホルモンバランスが乱れないよう生活習慣を見直す対策を

美白化粧品の選び方

ですから対策方法としてはまずホルモンバランスが乱れないよう生活習慣を見直すことが第一です。

 

不規則な生活を送っている方、ダイエットのために無理な食事制限をしている方は要注意、また睡眠不足や睡眠障害も引き金になっている可能性があります。もちろん、紫外線対策も忘れずに行いましょう

 

こうした日常生活の見直しに加えて集中的なケアも役立ちます

 

昔から肝斑対策に効果的と言われてきたのがトラネキサム酸です。現在では美白成分の一種として多くの美白化粧品に配合されていますが、医療機関では肝斑の治療としてこの成分の内服薬が処方されることもあります。自分でのケアでは十分な効果が得られない場合には皮膚科での診察も検討してみましょう。

 

また美白化粧品でケアする場合にはトラネキサム酸のほかハイドロキノンも役立ちます。ただのこの美白成分は肌への刺激も強いので肌環境とよく相談したうえで適切な使用していくよう心がけましょう。少々厄介なシミですが、生活習慣と深く変わってくる面もあるだけにスキンケアに頼らない総合的なケアが求められるでしょう。

シミの原因と対策-そばかす-

シミの中でも少々変わった特徴を持ち合わせているのがそばかすです。よく「シミ・そばかす対策」とシミと一緒に表現されることも多いのですが、原因や対策方法に関してはかなりの違いも見られます。

そばかすの原因ははっきりとは解明されていない

美白化粧品の選び方

このそばかすは「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。大きな特徴は点状のシミが頬を中心に広範囲に広がることです。シミの中でももっとも目立つタイプでもあります。

 

そしてそばかすが発症するかどうかには個人差が非常にあり、できる場合には年齢にかかわりなくでき、子供の頃から目立つケースが多いのも特徴です。

 

おもな原因は遺伝的な要素と考えられており、できない人は一生できない、できる人は幼い子供の頃から見られるのです。また子供の頃にできていた場合も成長して大人になっていく過程で目立たなくなったり、ほとんど消えてしまうこともあります。

 

なおこの遺伝的な要素は人種間も違いも考えられており、白人に多く見られる一方、日本人には珍しい症状となっています。

 

遺伝的な要素が大きいこともあり、現在でも発症するメカニズムははっきりとは解明されていません

 

ですから対策も難しくできてしまったそばかすを薄くするのは楽しみに比べて難しい部分もあります。美白化粧品を使用すれば一定の効果は期待できるものの、目立たなくしたり完全に消してしまうのは難しいとも言われています。

日頃の紫外線対策やレーザー治療などの対策がある

美白化粧品の選び方

ではどのような対策方法があるのか?

 

まずは紫外線対策を心がけましょう。遺伝的な要素が大きいものの、できてしまったそばかすは紫外線を浴びると濃くなったり増えたりすることがわかっています。ですからこれ以上増やさないためにもしっかりと紫外線対策を日ごろから行っていくことが大事です。

 

広範囲に広がる上に紫外線を浴びやすい部分にできるため日々の生活の中で紫外線をカットできる環境づくりを心がけましょう。

 

本格的にそばかすを何とかしたい、消したい場合にはレーザー治療をはじめとした医療機関での治療が必要といわれています。しかも一度治療が効果をあげて目立たなくすることができたしても再発するケースが多く、満足のいく結果が得られるかどうかは未知数です。

 

治療は保険適用の範囲外ということもあってどうしてもお金がかかってしまいますから、かけた費用に見合う効果が得られるのかどうか、そこまでして対策をする必要があるのかどうか、冷静になって考えたうえで判断した方がよいでしょう。このようになかなか難しい部分があるシミなのでどこまで対策を行って改善を目指していくかが鍵となりそうです。

シミの原因と対策-炎症性色素沈着-

シミにはさまざまな種類がありますが、その中でも日ごろのスキンケアが原因で起こることが多いのが炎症性色素沈着です。その意味では現代人がもっとも注意しなければならないシミのタイプとも言えそうです。老化がかかわってくるのはもちろんですが、肌環境によっては若い世代にも起こる可能性があるからです。

炎症性色素沈着の原因は炎症による色素沈着

美白化粧品の選び方

その名称からもわかるように原因は炎症による色素沈着にあります。

 

紫外線をはじめ肌に負担がかかるとそれから肌を保護するためにメラニン色素が生成されますが、それがターンオーバーで排出されずにとどまり続けているとやがて角質に沈着を起こしてしまうのです。

 

日焼けのメカニズムと共通しているわけですが、こちらの場合は日焼けのように一時的に紫外線を多く浴びるのではなく、継続的な刺激でメラニン色素の生成が多くなっている状態が長く続いてしまうのが最大の特徴です。

 

炎症を起こしやすい肌は非常に不安定な状況にあり、ちょっとした刺激を受けただけですぐに炎症を発症してしまいます。

 

また本人が自覚しない間にごく軽度の炎症を繰り返し起こしていることも多く、そのたびにメラニン色素が増えているので継続的に沈着を起こしやすい状況に陥っているのです。

 

しかもこうした不安定な肌はターンオーバーに乱れを起こしていることも多く、古い角質と新しい角質の入れ替わりがスムーズに進まないだけでなくメラニン色素の排出もうまく進まないので角質層内にとどまって沈着を起こしやすい状況になっています。

 

このようにそもそも肌が炎症を起こしやすく不安定な状況になってしまっていることが炎症性色素沈着の大きな原因なのです。

炎症性色素沈着の対策は炎症の原因を排除すること

美白化粧品の選び方

もともと乾燥しやすく刺激に敏感になっている方はもちろん、老化によるバリア機能の低下、さらには刺激の強い洗顔料や肌に合わないスキンケア製品の使用などで肌に負担をかけている人にもできやすくなるので注意しなければならないのです。

 

対策としてはまず原因をできるだけ排除すること

 

自分のスキンケアが本当に肌に合っているのかどうかを見直し、どうも肌に負担をかけているようだと感じたらより低刺激で肌に優しいスキンケア環境を心がけましょう

 

そのうえで老化を防ぐビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10、ポリフェノールといった抗酸化成分をうまく取り入れていきましょう。さらにターンオーバーを活性化させてメラニン色素の生成を促すプラセンタエキス、EGF、メラニン色素の生成を抑制するハイドロキノンやアルブチンといった美白成分も有効です。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!