美白成分と効率のいい補い方-ハイドロキノン-

最強の美白成分とよく言われるのがハイドロキノンです。「お肌の漂白剤」などと呼ばれることもあり、とにかく美白効果に関しては他の美白成分と比べても断然の存在とされているのです。

 

ただその一方で扱いが非常に難しい部分もあり、最近の美白化粧品ではあまりこの成分が配合されない傾向も見られます。

ハイドロキノンはすでにできてしまったシミにも働く美白成分

美白化粧品の選び方

ハイドロキノンの最大の特徴は「効果は素晴らしいけど肌への負担も大きい」点です。

 

つまりメリットも大きければデメリットも大きい、さらには扱い方を間違えればデメリットの方が強く出すぎて逆にトラブルを抱えてしまう恐れがあるというわけです。

 

現在の美容業界では肌に優しく、できるだけ刺激を与えずに使用できる製品が求められる傾向が強く、ハイドロキノンはそうした風潮に合わないために敬遠される面も出てきているのです。過去に白斑などの副作用・トラブルが生じた症例もマイナスイメージを植えつけてしまっています。

 

ただ効果の点では抜群なのですから、シミ・くすみの悩みを抱えている方にとってはやはり見逃せない存在です。

 

この成分の大きな特徴は強力な還元作用を備えていることです。アルブチンをはじめとする他の美白成分のほとんどはメラニン色素の生成を抑制する作用、つまりこれからシミ・くすみができるのを予防するのが効果のメインとなっているのに対し、ハイドロキノンはそれに加えてすでにシミになってしまっているメラニンを薄くする働きも備えているのです。

 

この還元作用はビタミンC誘導体にも備わっていますが、効果のほどは比較にならないほどハイドロキノンの方が高く、もうすでにできてしまったシミをなんとかしたい、という方には最高の選択肢となっているのです。

 

先ほど挙げた白斑のトラブルもこの還元作用が強く働きすぎたことで使用した部分の肌だけが白くなってしまった状態のことです。

ハイドロキノンは低い濃度から試し肌との相性を見ながら補う

美白化粧品の選び方

ですから効率のよい補い方、というよりもメリットだけをうまく取り入れられる賢い補い方が求められます。

 

ポイントは濃度です。現在市販されているハイドロキノン配合の美白化粧品には1〜5パーセントの濃度が設定されています。当然濃度が高いほうが美白作用も期待できるのですが、その分肌への負担が大きくなります。

 

ですから美白対策にこの成分を使用していく場合にはまずもっとも低い1パーセントの濃度を試してみたうえで効果と肌との相性の両方をチェックし、問題ないなら必要に応じてより濃度の高い製品へと切り替えていく、という手順がおススメです。

 

くれぐれもいきなり高い濃度の製品から使い始めないよう気をつけましょう。このように少々扱いが難しい美白成分ではありますが、自分にピッタリの製品を見つけてうまくメリットを引き出すことができれば長年のシミ・くすみの悩みも改善へと導いていくことができるでしょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

美白成分と効率のいい補い方-ビタミンC誘導体-

ビタミンCといえば「万能の美容成分」とも呼ばれさまざまな美容対策に用いられてきている成分です。この成分抜きのスキンケアなどありえないといってもよいでしょう。そんな万能の美容成分の働きのひとつとして近年注目を集めつつあるのが美白作用です。

ビタミンCは美白成分の中でも安全性が高い成分

美白化粧品の選び方

美白成分は以前のようにとにかくシミを解消する効果を求める傾向からより肌に優しく負担をかけずにケアしていける面が問われるようになっています。

 

スキンケア全般で安全志向が高まっている影響もありますが、そもそも美白化粧品は効果が高いほど肌への刺激が強い面があり、短期間で効果を実感したいあまり肌に合わないケアを行ってしまった結果かえって肌荒れなどのトラブルを起こしてしまうケースが多かったためその反動がきている面もあります。

 

そんな中安全性が高く美容成分としても役立つビタミンCが美白成分として注目を集めるようになっているのです。

 

美白成分の最大の特徴はメラニン色素を抑制する働きだけでなく還元作用も備えていることです。アルブチンやトラネキサム酸をはじめとした多くの美白成分はシミの原因となるメラニン色素の生成を抑制する作用がメインとなっており、すでにメラニンが沈着を起こしてできてしまったシミを改善する働きには限界があります。

 

それに対してビタミンCは沈着を起こしたメラニンを薄くする還元作用もあるので予防・解消両方に活用できるのです。この還元作用を備えている美白成分はこのビタミンCとハイドロキノンのみです。

 

しかもハイドロキノンのように肌に負担がかからず、抗酸化作用やコラーゲンの生成を促す作用など広く美容成分としても役立ってくれます

 

シミ・くすみは老化の過程で起こることが多いだけに抗酸化作用はとりわけ魅力的なポイントとなるでしょう。

ビタミンCは食事で摂取することも可能な成分

美白化粧品の選び方

なお、ビタミンC誘導体とはビタミンCにブドウ糖などの他の物質を結合させて作られたもので、もともと安定性と浸透性に難があるビタミンCの弱点を補い美容成分として役立つ形になっています。

 

ただこのビタミンC誘導体はどんな物質とどのような形で結合させているかによって浸透性や効果に差があるといわれており、同じビタミンC誘導体でも美白作用に違いが出てくる可能性があります。

 

とくに浸透性は重要ですから、効率よく補うためにもこの点をチェックしてみましょう。従来のビタミンC誘導体よりもメリットを備えている場合にはその点を強調しているはずです。

 

もともと健康のために欠かせない成分ですから、食事で摂取することも可能です。レモンなどの柑橘類を筆頭に赤ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ、イチゴなどに豊富に含まれているので日々の生活で摂取を心がけてみましょう。ただ熱に弱いので調理方法に工夫が必要です。

美白成分と効率のいい補い方-アルブチン-

アルブチンはハイドロキノンと並んで美白成分の代表格といってもよい存在です。現在でもさまざまな美白化粧品に配合されており、使用される頻度ではもっとも多い美白成分といってもよいでしょう。

アルブチンはハイドロキノンよりも肌に優しい美白成分

美白化粧品の選び方

アルブチンの特徴はハイドロキノンと同様優れた美白作用を備えている一方、より肌に優しく負担をかけない点にあります。ハイドロキノン配糖体とも呼ばれており、ハイドロキノンにブドウ糖を結合させた状態です。

 

また、自然にも存在しており、サンタベリーや梨などに含まれています。なお美白化粧品に配合されているアルブチンには「α型」と「β型」の2種類がありますが、効果の面ではα型の方が優れているとされています。

 

最大の特徴はメラニン色素が生成されるメカニズムに介入することで生成を抑制できる点です。

 

メラニン色素は通常紫外線などによって肌が刺激を受けるとチロシナーゼという酵素が働きながらメラノサイトという組織で作られていきます。アルブチンにはこのチロシナーゼの働きを阻害する作用があるので生成のメカニズムそのものを防ぐことができるのです。

 

ただしハイドロキノンの場合はこのメラニンの抑制効果に加えてすでに沈着を起こしてしまったシミを薄くする還元作用を備えていますが、アルブチンの場合はメラニンの抑制作用のみなので基本的にはシミの予防に役立てる形となります。

ターンオーバーを活性化させる成分と組み合わせると効率的に補える

美白化粧品の選び方

すでにできてしまったシミに関してはターンオーバーを活性化させるプラセンタエキスやEGFなどの成分と組み合わせると効果が得られます。この点は効率のよい補い方ともかかわってくるので覚えておきたいところです。

 

補い方ではもうひとつ、ピーリング化粧品との併用も非常に効果的です。フルーツ酸など元来肌に負担をかける物質をあえて肌に塗付することで表皮をはがし、再生を促すピーリングは角質に沈着を起こしたメラニンをはがすのに非常に役立ちます。

 

これとメラニンを防ぐアルブチンを組み合わせることでシミの予防・対策の両方にケアしていくことができるのです。ただピーリングは肌への負担も大きいので自分で行う場合には十分に注意する必要があります。

 

意外なところでは食事でアルブチンを補う方法もあります。先ほども挙げたこの成分が含まれている天然素材を摂取する方法で、サンタベリー、梨、ウワウルシ、マッシュルームなどが該当します。梨以外はあまりなじみがある食品ではありませんが、美白化粧品を補う意味で取り入れてみるとよいかもしれません。

 

いずれにしろ美白対策においてもっともなじみが深く、安心して利用できる美白成分といえるでしょう。

美白成分と効率のいい補い方-プラセンタ-

現在もっとも注目を集めている美白成分といってもよいのがプラセンタエキスです。もともとエイジングケア成分として定評がありましたが、美白成分も備えていることで美白対策とエイジングケアの両方を行っていける点が人気を得ているのです。

プラセンタはメラニン色素の生成を抑制しつつ排出も促すことができる成分

美白化粧品の選び方

美白成分に対する考えが以前に比べて変化している傾向が見られます。かつてはとにかく優れた美白効果が求められ、できるだけ早く、効果的にシミを改善できることが第一に考えられていました。

 

しかし美白成分の中にはハイドロキノンのように優れた美白効果を備えている一方、肌への負担が気になるものも多く、現在では効果だけでなくいかに肌に負担をかけずに安全に使用していくことができるか、に重点が置かれつつあります。プラセンタエキスはそんな傾向にピッタリあった条件を備えているのです。

 

プラセンタエキスの美白成分としての特徴はシミ・くすみの直接の原因となるメラニン色素の生成を抑制する点にあります。

 

しかしそこに美容成分としての作用が加わることで相乗効果が期待できるのが大きなメリットなのです。

 

もともとプラセンタエキスといえば角質細胞の働きを活性化させるグロースファクターで注目を集めた成分です。角質細胞の働きを活性化させればターンオーバーも改善され、メラニン色素の排出を促すことができます。つまりメラニン色素の生成を抑制しつつ排出も促すことができるという一石二鳥の作用が期待できるというわけです。

プラセンタは体の内面からも外部からも補うことができる

美白化粧品の選び方

加えて肌への刺激が少ない点も大きな魅力です。

 

先ほども挙げたように美白作用に優れた美白成分の中には肌への刺激が強いものも多く、肌質や状態によってはメリットよりもデメリットの方が大きくなってしまうこともあるのですがプラセンタエキスならそのような心配もありませんし、そもそも刺激に敏感になってしまっている肌をターンオーバーの活性化によって改善することもできます。

 

そんなプラセンタエキスは補い方は体の内面と外部からという二通りのアプローチがあります。これもこの成分のメリットのひとつでしょう。

 

現在美容液や化粧水、クリームなど幅広い製品でプラセンタエキスが配合されていますし、この成分をメインにした美白化粧品も増えています。さらにサプリメントで摂取することも可能で、刺激に敏感な状態でスキンケアが思うようにできないという方におススメです。

 

なお、サプリメントで摂取した場合には一時的に好転反応が起こることもあるので注意しましょう。ニキビや吹き出物の増加、生理不順など、もし症状が長引く場合にはすぐに服用を中止して医師の診察を受けましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!