30代で現れる白髪の原因と予防とはどんなことなのでしょうか?

年齢を重ねると見られ始めるのが白髪です。男女問わず30代からチラホラと見られ始め、早い人では40代に走る前にはかなり目立つ状態になります。ここの減少にはかなりのに個人差があり、遺伝的な要素のほかその人の生活習慣なども深くかかわっていると考えられています。

 

あるデータでは男性は34歳、女性は35歳くらいから白髪が見られるようになるといわれています。ちょうど肌をはじめとした体の老化が見られる時期でもあり、白髪と老化との間にいかに深い関係があるかを示しています。

美白成分の副作用が白髪が現れる原因にも

美白化粧品の選び方

原因としてまず筆頭に挙げられるのは老化がもたらす細胞の働きの老化にあります。

 

そもそもどうして髪の毛に色がついているのか?これは毛髪を作っている毛母細胞とは別に色素ほ作っている細胞組織があり(メラノサイト)が、こちらの細胞の働きが衰えることによって毛髪が作られる際に色がつきにくくなってしまうのです。

 

この毛髪を作る細胞と染める細胞が異なる点が毛髪は問題なく生えてきているのに色だけが白くなっていく状況の原因です。

 

メラノサイトといえばシミの原因となるメラニン色素を作る組織として悪名高いですが、じつは髪の毛を染める重要な役割も担っているわけです。そのため美白成分の副作用として白髪が現れる場合もあります。女性で美白対策を行っている方は注意したほうがよいかもしれません。

 

よく白髪は抜くと治るといわれます。抜いてしまえば新しい黒い毛が生えてくると。しかしこれは間違いでメラノサイトの働きが低下してしまった以上、その毛穴から生えてくる毛髪はつねに色素が不足している状態になります。

白髪の対策はメラノサイトの働きを活性化させること

美白化粧品の選び方

老化と並んで大きな原因になると考えられているのが遺伝です。具体的なメカニズムに関してはまだ十分に解明されていない部分もあるのですが、両親をはじめ親族に白髪が多い人は白髪になりやすいと考えられているのです。

 

生活習慣との関係も指摘されています。ストレスによる老化や細胞の働きの低下、さらにミネラル、アミノ酸、ビタミンなどの栄養不足。こうした生活習慣の問題は現代人がもっとも注意すべき点であるとともに予防・改善しやすい部分でもあるのでぜひ心がけたいところです。

 

予防としては老化対策を心がけたうえでメラノサイトの働きを活性化させることが大事です。

 

とくに銅をはじめとしたミネラルの摂取が大きな意味を持つといわれているので食生活の充実が重要でしょう。ミネラルに加えて老化対策によいといわれるポリフェノールを積極的に摂取してみましょう。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!