美白化粧品の選び方-洗顔料-

美白化粧品選びにおける洗顔料の位置づけはちょっと微妙な面があります。基本的に美白ケアとは美白成分をはじめとした有効成分を補うのがメインです。ですからどうしても化粧水や美容液に比重が偏りがちになるので洗顔料にまで手が回らないことが多いのです。

洗顔料は化粧水や美容液による美白ケアの効果を高めるうえで重要

美白化粧品の選び方

確かに有効成分を補うという点では洗顔料はあまり美白ケアには役立たないかもしれませんが、肌環境を整え、化粧水・美容液による美白ケアの効果を高める上で非常に重要な役割を担っています。

 

そもそもシミやくすみは誤った洗顔が原因になっていることもあります。とくに多いのが洗いすぎによる過剰な皮脂の除去です。

 

余分な皮脂は汚れとなって毛穴の詰まりの原因となるのでしっかり落とす必要がある一方、皮脂はもともと皮脂膜を作って表皮の保湿とバリア機能を保つ働きがあります。そんな必要な皮脂までしっかりと洗顔で落としてしまうと肌が刺激を受けやすくなってメラニン色素が増加するきっかけを作ってしまいます。

 

しかも洗顔の際にはセラミドも洗い流されてしまうため、がんばって洗いすぎれば過ぎるほど肌が乾燥していくという悪循環に陥ってしまいます。

 

また洗顔そのものが肌に刺激を与えてしまっている面もあります。シミといえば紫外線のダメージを真っ先に連想するものですが、実際にはさまざまな刺激でメラニン色素の生成量が増加していきます。

 

そのため肌に負担をかけるような洗顔をしていると知らず知らずのうちにメラニン色素が増加してシミ・くすみの原因を作ってしまうのです。

 

さらに乾燥が活性酸素の増加を引き起こし老化の原因となるとターンオーバーの乱れも進んでメラニン色素が排出されずに沈着しやすい環境になります。

美白対策のためには余分な汚れだけを落とせる洗顔料を選ぶこと

美白化粧品の選び方

こうしてみても相応しい洗顔料を選ぶことができるかどうかが化粧水や美容液による美白ケアの効果を引き出せるかどうかの鍵を握っていることがわかります。ですから適度な洗浄力で余分な汚れだけを落としていけるような洗顔料が求められます。

 

ポイントは泡立ちがよく、吸着力に優れた泡を作れる洗顔料です。

 

吸着力がよければ指で肌を擦らなくても汚れを吸着させて落とすことができますし、毛穴の奥にまで入り込んで汚れを除去していくこともできます。

 

美白ケアでは泡立ちの質がよい固形石鹸タイプ、とくに粒子が細かく吸着力に優れたクレイ(泥)や竹炭などが使用されているものを選びましょう。

 

毛穴の汚れをしっかり落とせば美容液で補う美白成分の浸透性もアップしますから一石二鳥です。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

美白化粧品の選び方-化粧水-

化粧水で美白対策を行っていく場合には「過剰に期待しないこと」「化粧水だけで美白ケアを完結させようとしないこと」の2点をあらかじめ踏まえておくことが大事です。

化粧水は美白作用よりも肌に負担がかからないかどうかを重視して選ぶ

美白化粧品の選び方

もともと化粧水は洗顔後の無防備で敏感な状態になっている肌を保護し整えるために使用するアイテムです。

 

その成分量のうち8〜9割ほどが水分ですから、美容液に比べるとたくさんの美容成分を補うことができません。それだけに化粧水での美白ケアはあくまで美容液や乳液・クリームでの対策をサポートするという位置づけで行っていくことが大事です。

 

化粧水だけで一生懸命美白ケアを行おうとするとかえって肌に負担をかけてしまう恐れもあります。先ほども触れたように洗顔後の敏感になった肌に直接使用するアイテムですから、刺激の強いものもある美白成分をたくさん補おうとすると肌に刺激を与えてしまいがちなのです。

 

ですから美白成分に関しては美白作用よりも肌に負担がかからないかどうかを重視して選んでいくのが大前提です。美白化粧水はもともとこの点を考慮したうえで低刺激中たちで美白成分を配合しているものですが、実際に肌に合うかどうか、問題がないかどうかには個人差がどうしても出てきます。

 

シミ・くすみの悩みを抱えている方はもともとバリア機能が低下して刺激に敏感な状態に陥っていることが多いだけに注意しましょう。

化粧水としての基本的な役割をしっかりこなせる製品を選ぶ

美白化粧品の選び方

もともと刺激が少ない美白成分を選ぶというのもひとつの方法ですが、それぞれの製品が低刺激を実現するためにどういった工夫をしているのかも見ておくのもおすすめです。

 

たとえば小さなカプセルに有効成分を配合することで負担を避けつつ角質層の隅々にまで浸透させていける製品もあります。こうした製品ではハイドロキノンなど刺激が強いといわれている美白成分を肌に負担をかけずに使用できるタイプもあるので少しでも高い美白効果が欲しいという方はチェックしてみるとよいでしょう。

 

そして何より化粧水としての基本的な役割をしっかりこなせる製品かどうか。

 

化粧水で洗顔後の肌をしっかりと整えておかないと美容液や乳液・クリームで補う有効成分が浸透しにくくなりますし、肌に刺激を感じやすくなってしまいます。整肌成分や保湿成分がしっかり含まれており、エタノールやパラベンといった肌に負担をかけるような添加物ができるだけ含まれていないものを選びましょう。

 

美白化粧水には次に使う美白美容液の効果を高めるという重要な役割もあるだけにこの点も忘れずに踏まえておきたいところです。

美白化粧品の選び方-美容液-

美白ケアの基本は美容液です。このアイテムでいかにうまく美白に役立つ有効成分を補うことができるかでシミ・くすみ対策に大きな差が出てきます。

美白美容液選びは自分の目的に併せて選ぶこと

美白化粧品の選び方

現在では化粧水や乳液・クリームで美白ケアを行えるアイテムも登場していますが、美容液をメインにケアを行っていくという点は変わっていません。

 

それだけに慎重に美白美容液を選んでいくことが大事なのですが、その際にはまず美白成分の種類を確認しておきましょう。

 

そもそも美白美容液にはいくつかの役割があります。まずシミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制すること、それからすでに沈着を起こしてシミになってしまったメラニン色素を薄くすること、そして肌環境を改善していくことです。

 

美白美容液に配合されている美白成分にはそれぞれこれらのどの役割に使えるのか違いがあるため、自分の目的に併せて選んでいく必要があるのです。

 

たとえばアルブチンやトラネキサム酸といった多くの美白化粧品に配合されている美白成分はメラニン色素の生成を抑制する予防作用がメインとなっているため、すでにできてしまったシミへの効果には限界があるといわれます。予防ではなくシミそのものを何とかしたい場合にはハイドロキノンやビタミンC誘導体などの還元作用を備えた成分が配合された製品を選ぶようにしましょう。

 

この点は肌への刺激・負担もよく考えた上で見極めていくことも大事です。

美白成分だけではなく肌環境を改善する成分もチェックすること

美白化粧品の選び方

よく知られているようにハイドロキノンは強力な美白作用と引き換えに肌への刺激が強く、バリア機能が低下している肌に使用すると肌荒れなどの問題を引き起こす可能性もあります。

 

一方肌に優しいビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどは美白効果そのものはやや弱い部分もありますから、肌への負担も考慮しながらできるだけ早く改善したいのか、じっくりと時間をかけて取り組んでいくのか、目的によっても選ぶ基準が違ってきます

 

もうひとつ、肌環境の改善では美白成分以外の配合成分をチェックしていくことが求められます。

 

バリア機能を改善して紫外線などのダメージを受けにくくすればその分メラニン色素が作られにくくなりますし、ターンオーバーを促せば生成されたメラニン色素が排出されて沈着を起こしにくくなります。

 

ですから乾燥が気になる方は保湿成分、ターンオーバーの乱れでくすみや角質肥厚が気になる方はターンオーバーを活性化させる成分、エイジングケアも併せて行っていきたい場合には抗酸化成分を、それぞれ美白成分と一緒に補えるかどうか見ていきましょう。

美白化粧品の選び方-乳液・クリーム-

乳液・クリームは年齢肌やトラブルを抱えている肌にはとても重要な役割を担うアイテムです。

美白乳液・クリームは適度な油分を補えるものを選ぶ

美白化粧品の選び方

若い頃はどうしても化粧水・美容液に比重が傾いたケアを行いがちですが、老化の影響や肌荒れなどのトラブルが見られるようになると乳液・クリームでうまく油分を補いながら肌を保護していくケアが求められるからです。

 

この点はシミの悩みを抱えている方にとっても大きな意味を持っており、原因となるメラニン色素を抑制するためにも乳液・クリームを賢く活用していきたいところです。

 

メラニン色素は紫外線をはじめとした刺激を受けると肌を保護するために生成されます。美白成分はそんなメラニン色素の生成のメカニズムに介入する形で抑制する働きを持っているのですが、そもそもバリア機能がしっかりと維持されていれば過剰な生成を防ぐことができます。

 

逆に言えば乾燥や老化でバリア機能が低下しているからこそシミができやすくなってしまうともいえるわけです。ですから美白成分の対策だけでなく、まずは肌を刺激に対して過剰に反応しないような状態へと改善していくことが求められます。

 

この点では油分を補って表皮にフタをすることができる乳液・クリームはとても役立つわけです。自分の肌の乾燥や刺激に敏感な状況を踏まえた上で適度な油分を補える製品を選んでみましょう。

肌馴染みがよく快適なつけ心地の乳液・クリームを選ぶ

美白化粧品の選び方

乳液よりもクリームの方が油分が多めなのでその辺りのバランスも考慮していきたいところです。あまり油分が多いと今度はベタついてしまったり、毛穴を詰まらせてしまうといった問題も出てくるのであくまで肌になじんで快適な付け心地で使用できる範囲内で選ぶことが大事です。

 

なお、適度な油分でフタをすることで化粧水・美容液で補った有効成分が蒸発せずに長く角質層にとどまって効果を発揮できる環境を整えることもできます。シミができやすい肌は保水力が低下して水分や有効成分が失われやすい環境にあるだけにこの点も美白ケアにおいてとても重要な意味を持ちます。

 

美白効果を備えた乳液・クリームの多くはあまり刺激が強くない美白成分を配合しているのが特徴です。美白成分に頼ったケアではなく、油分や保湿成分などを補うことでトータルなスキンケアを行っていけるよう配慮しているからです。

 

ですから自分のシミのレベルがどの程度なのか、予防をメインに行っていきたいのか、すでにできてしまったシミを何とかしたいのかによっても選ぶ基準が違ってくるでしょう。後者が目的の場合にはハイドロキノンを配合した製品などもありますから、肌に負担がかからないかどうかを考慮したうえで試してみるとよいかもしれません。

 

このようにまずは適度な油分を補って肌環境を改善することができるかを第一に考え、そのうえで美白成分の効果を見極める。これが美白用の乳液・クリームの選び方のポイントです。

美白化粧品の選び方-オールインワン-

オールインワンで美白ケアを行っていく場合には美白効果だけにとらわれずにスキンケア全般をしっかり行っていけるかどうかが重要なポイントです。

オールインワン選びは美白よりもメラニン色素の生成を防ぐための保湿対策

美白化粧品の選び方

1本でひと通りのスキンケアを行うことができるのがオールインワンの大きな魅力ですが、逆に言えば1本ですべてのケアを行わなければならないともいえます。そのため美白効果にばかり目を向けてしまうと基本的なケアが不十分になってしまう恐れもあるのです。

 

ですからまずはスキンケア製品として必要なケアがしっかりできる内容かどうかを確認しておきましょう。

 

自分が現在抱えている悩みはもちろん、シミ・くすみの引き金になるような肌の状態をケアしていけるかどうか。たとえば保湿対策はオールインワン選びにおける最大のポイントといってもよいでしょう。肌が乾燥するとバリア機能も低下していきますが、その結果紫外線をはじめとした刺激によってメラニン色素が増加するとシミ・くすみのリスクが高まってしまいます。

 

ですから美白よりもまずメラニン色素の生成を防ぐための保湿対策がとても重要なのです。

 

保湿対策ではヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドの3大保湿成分のか、スクワラン、エラスチンなどもチェックしながらうまく補っていける製品を選んでいきましょう。

 

その際には浸透性や持続性にも目を向けてみましょう。コラーゲンはヒアルロン酸は分子量を小さくするためのナノ化の技術が施されているものもありますし、ヒト型セラミドのように同じ成分でも種類によって浸透性や効果に違いが出てくる場合もあります。

 

とくに乾燥が進んでいる人はせっかく補う有効成分がしっかり働いてくれるものを選んでいきましょう。

ターンオーバーが活性化させるオールインワンを選ぶこと

美白化粧品の選び方

それからターンオーバーを活性化させる働きがあるかどうかも大事な点です。

 

シミ・くすみはメラニン色素が排出されずに角質層に沈着を起こしてしまうことで生じるものです。ですから生成量を抑制するだけでなく排出を促すことも美白対策の大事なポイント、また角質層で保湿を担っている天然保湿因子(NMF)はターンオーバーの過程で作られるので保湿対策の観点からも大事になってきます。プラセンタエキス、EGF、ビタミンB2、B6といった成分がおススメです。

 

美白成分に関してはあまり肌に負担をかけないものが適しています。1本で基本的なケアを行う以上もし肌に合わないとスキンケア環境全般を変更しなければならなくなりますし、刺激が強いとせっかく摩擦による肌への負担を軽減できるオールインワンのメリットが損なわれてしまうからです。

 

とくに肌が敏感になっている方はビタミンC誘導体、プラセンタエキス、エラグ酸など効果は緩やかながら肌に優しく使用していける美白成分が配合されている製品の中から選んでいきましょう。

美白化粧品の選び方-サプリメント-

シミ・くすみ対策は美白成分が配合された化粧品で行うのが一般的なイメージですが、メラニン色素ができやすい乾燥肌・敏感肌の方はそもそも美白成分が思うように使えないという悩みを抱えがちです。そのため体に内面からアプローチするケアもうまく取り入れていくことで肌に負担をかけずに美白対策の効率をアップさせることが可能です。

美白サプリは肌環境の問題を改善するのに役立つ成分を選ぶ

美白化粧品の選び方

そんな体の内面からの美白に役立つのがサプリメントです。では美白対策にはどのようなサプリメントが適しているのでしょうか?

 

まず美白成分そのものを肌の老化や乾燥、ターンオーバーの乱れといった肌環境の問題を改善するのに役立つ成分を効率よく補っていけるサプリメントの方が適しています。

 

美白成分は肌に直接塗付するスキンケア製品に比べてサプリメントでは効果がどうしても弱まってしまうからです。

 

そもそもシミ・くすみの原因となるメラニン色素は紫外線などの刺激が原因で増加します。しかも肌に合わないスキンケアなどの刺激でも増加するため、まずはバリア機能を改善していくことが求められます。バリア機能を高めれば刺激に対して強くなり、メラニン色素が作られにくくなるからです。

 

バリア機能の改善ではスキンケアによる保湿にくわえてサプリメントでの保湿対策も役立ちます。

 

その際にはセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといったスキンケアでおなじみの保湿成分よりも角質細胞を正常に保つオメガ3脂肪酸、皮膚の形成と維持をサポートするビタミンB群、ビタミンA、さらに皮膚の原材料となるたんぱく質、アミノ酸などの成分の方が適しています。

 

できれば食事でもうまく補っていきたい成分ばかりですが、現代人の食生活ではなかなか食事だけで推奨量を補うのは難しいためサプリメントが役立ちます。

美白対策には抗酸化成分やターンオーバーを活性化させる成分も大切

美白化粧品の選び方

それから老化を防ぐための抗酸化成分。メラニン色素と同じく紫外線の影響で増加する活性酸素は皮膚を老化させるだけでなく、メラニン色素の生成に関与しているチロシナーゼという酵素の働きを活性化させてしまう働きもあります。

 

しかも肌が老化すればその分バリア機能も低下するわけですから、その対策が欠かせません。抗酸化成分ではビタミンC誘導体やビタミンE、アスタキサンチン、リコピン、コエンザイムQ10などがおススメです。

 

あとはターンオーバーを活性化させる成分。美白成分でメラニン色素の生成を抑制しつつターンオーバーを促せばシミ・くすみ対策をより効率よく行っていくことができます。

 

この点ではプラセンタエキス、EGFのほか亜鉛や先ほども上げたビタミンB群が適しています。肌への刺激を気にする必要がないだけにこれらの成分を積極的に摂取していきたいところです。

 

コスメルジュ編集部が選んだトライアルから始められる美白化粧品

トライアルから始める人気の美白化粧品

HAKU 1週間体感シミ対策セット

HAKU

美白売上No.1!美白のトップブランドHAKUの効果が実感できるWeb限定セット
Web限定7日間トライアルセット1,080円・税込/お一人1回限り・数量限定
(美白化粧水30ml・美白美容液5g・美白乳液20ml+天然コットン28枚入り・500円相当のクーポンプレゼント中)
>>公式HPで詳しく見てみる!

アンプルール(AMPLEUR)ラグジュアリーホワイトトライアルキット

アンプルール

老化を感じ始めた30代に!シミ・くすみ・乾燥を同時にケアするドクターズコスメ
トライアルキット6500円相当→1,890円(税込)
(高濃度スポット美容液3g・高浸透ホワイトローション20ml・薬用美白美容液8g・美容乳液ゲル10g)
>>公式HPで詳しく見てみる!

b.glen ホワイトケア トライアルセット

b.glen

どうしても消えない頑固なシミに!安定型ハイドロキノン配合の美白セット
1,800円・税別
(洗顔料15g・美白化粧水20mL・美容液5mL・美白クリーム5g・リッチクリーム7g)
>>公式HPで詳しく見てみる!